秋の日焼け対策

日射しも秋らしくなってきましたね。



BUT!!紫外線はまだまだ健在です。
と、いうより・・・
年中無休で降り注いでいます。

UV-Aの積算量は夏よりも、夏以外のほうが多い。

美しい若いお肌を保つためには、SPF値〈紫外線防止指数〉を
変えながら、一年中通して、日焼け止めのご使用をオススメします。。。

肌のハリ低下やシワの原因になるとも言われているUV-Aの積算量を合計すると、夏(5-8月)に比べて秋から春(9-4月)の方が多いというデータがあります。

それはつまり、夏の間だけ日焼け止めを塗っていても、秋から春にかけて塗っていなければ、日焼けをしてしまうことになるのです。

秋冬になっても、紫外線量を甘く見ずに日々のUV対策を当たり前に行うことが必要です。



生活紫外線 ・・・ 日常生活で知らずしらずのうちに浴び続けるうちに、
(UVA)SPF12    お肌へのダメージが少しずつ蓄積されていく。

シミやソバカスだけでなく、しわなどの原因にもなります。
波長が長いため、お肌の深い部分(真皮)にまで届きダメージを与える
のが特徴です。

UVAはUVBに比べ日焼けを起こす力は小さいですが、浴び続けると
シワやシミなどお肌の老化の大きな要因となります。


曇も通過するため、曇りの日も注意が必要で、さらにガラスを通過
するので、車内でも室内にいても届いてしまいます。油断は禁物です。

ちなみに私たちが生活の中で浴びる紫外線は、太陽からのものが
ほとんどですが、蛍光灯やテレビなど光の出ているものほとんど全て
から紫外線は出されています。

しかし、その量は太陽光に比べてほんのわずかで、お肌にとって甚大な
影響を与えるほどではないと考えられています。


レジャー紫外線・・・海水浴・屋外スポーツ・アウトドアなどでの日焼けの原因です。
(UVB)SPF25

お肌に強く浴びると炎症(サンバーン)を起こし、赤くほてった状態に
なり、その後黒くなりいわゆる日焼けした状態(サンタン)になります。

特にシミ、ソバカス、乾燥の原因になります。

 秋の日差しは“顔”を狙っている

秋は夏よりも太陽の位置が傾いているため、日差しが夏のように真上からではなく斜め上から降り注ぎます。そのため、日傘や帽子を使っていても顔への日差しはカバーできていないことも少なくないのです。


ちょっとしたお出かけに使える日焼け止めクリーム化粧下地タイプのものなど、“顔用”の日焼け止めを毎朝のスキンケア~メイクのステップに組み込んでしまうのがおすすめです。

 

ランディングページ

美と健康のブログ一覧へ戻る